タンパク質合成因子のRNA合成における新たな役割を解明 [独立行政法人 産業技術総合研究所]

独立行政法人 産業技術総合研究所

独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)バイオメディカル研究部門【研究部門長 織田 雅直】RNAプロセシング研究グループ 富田 耕造 研究グループ長、竹下 大二郎 研究員らは、Qβウイルス由来のRNA合成酵素(β-サブユニット)と宿主(大腸菌)由来の2つの翻訳因子が複合体を形成し、複合体中の翻訳因子がRNAの合成伸長過程を促進する新たな機能を有することを発見した。