脳の働きに重要なIP3受容体の動作原理を解明 [理化学研究所]

理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター発生神経生物研究チームの濱田耕造研究員と御子柴克彦チームリーダーらの共同研究チーム※は、記憶や学習などの脳機能に必要なカルシウムチャネル[1]であるIP3受容体(イノシトール三リン酸受容体)[2]の動作原理を、X線結晶構造解析[3]と変異体の機能解析により解明しました。

http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170418_2/