植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功 [東京理科大学]

東京理科大学理工学部応用生物科学科松永幸大教授、 坂本卓也助教、栗田和貴大学院生、理化学研究所環境資源科学研究センター植物ゲノム発現研究チーム関原明チームリーダー、ケミカルゲノミクス研究グループ吉田稔グループディレクター、東京工業大学科学技術創成研究院細胞制御工学研究センター木村宏教授らの研究グループは、マウスの抗体の一部を植物細胞において発現させることで、植物の用語1:エピジェネティクス変化を生きたまま解析する方法の開発に成功しました。

http://www.tus.ac.jp/today/20170418018.pdf