羽田空港及び成田空港における「空港低層風情報(ALWIN)」の実運用開始について [JAXA]

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と気象庁が共同で開発した「空港低層風情報(Airport Low-level Wind INformation)」(以下、ALWIN)の実運用が、本日から東京国際空港(羽田)と成田国際空港で開始されました。ALWINとは、航空機の着陸経路上における風の情報(風向・風速、ウィンドシアー※や乱気流等)を提供するサービスで、現在、管制官から無線による音声通信で行われているウィンドシアー等の情報提供に比べて、風の状態変化をリアルタイムでより詳細かつ正確に把握できるため、より安全に着陸することが可能になります。このような風情報サービスの実運用は世界で初の事例です。

http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170419_alwin_j.html