電子スピンの共鳴運動を電圧で制御することに成功 [産総研]

独立行政法人 産業技術総合研究所

JST 課題達成型基礎研究の一環として、産業技術総合研究所(元 大阪大学大学院 基礎工学研究科)の野崎 隆行 研究員は、大阪大学 大学院基礎工学研究科 鈴木 義茂 教授らの研究グループと共同で、超薄膜化した磁石を用いて、電子スピン(磁気)の共鳴運動を電流ではなく電圧で制御することに成功し、超低消費電力デバイス(電子素子)の基盤となる技術を開発しました。

[`evernote` not found]
Facebook にシェア