有機薄膜太陽電池の駅での導入を目指したフィールド試験を行います [東日本旅客鉄道株式会社]

東日本旅客鉄道株式会社

JR東日本は、今後の駅での環境負荷低減を見据え、「有機薄膜太陽電池」の基礎評価試験を行います。有機薄膜太陽電池は、低価格の太陽光発電方式として期待されている、開発段階の技術ですが、光を通す、軽い、薄い、曲げることができるなどの特長があります。
この度、日光線鶴田駅の通路屋根の一部を利用して、有機薄膜太陽電池や蓄電池等で構成されるシステムを設置し、長期間にわたるシステムの稼働状況の確認を行います。