クレベリンの成分である「二酸化塩素分子」がインフルエンザウイルスの感染を抑制するメカニズムを大幸薬品が解明 [大幸薬品]

大幸薬品株式会社(本社:大阪府吹田市内本町三丁目34 番14 号、代表取締役社長:柴田 高)は、クレベリンの成分である「二酸化塩素分子」が、インフルエンザウイルスの感染を抑制するメカニズムを解明しました。

http://www.seirogan.co.jp/news/0143.pdf