大規模災害時の早期復旧・サービス継続を可能とする世界初のネットワーク制御技術を開発 [NTT]

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下NTT)は、国立大学法人大阪大学(大阪府吹田市、総長:平野 俊夫、以下大阪大学)、国立大学法人電気通信大学(東京都調布市、学長:梶谷 誠、以下電気通信大学))と共同で、生物学の知見に着想を得た「ゆらぎアルゴリズム」を仮想ネットワーク制御へ適用する事に世界で初めて成功しました。本技術を適用する事で、事前に予期できない災害・重大な事故が発生した場合において、迅速にネットワークを復旧することが可能となります。

http://www.ntt.co.jp/news2013/1301/130124a.html