スギ花粉が、アレルゲン以外にもヒトの細胞に対する有害性を持つことを実証 [ダイキン工業]

ダイキン工業株式会社

ダイキン工業株式会社は、京都大学大学院工学研究科の高野裕久教授との共同研究により、スギ花粉がアレルゲンとしてヒトに作用するだけでなく、ヒトの鼻や喉から肺へとつながる粘膜を構成する気道上皮細胞に炎症を引き起こし、細胞を一部破壊する有害性を持つことを明らかにしました。さらに、強力な酸化分解力を持つ当社独自のストリーマ放電をスギ花粉に照射することで、その有害性が抑制されることも実証しました。