南鳥島周辺における超高濃度レアアース泥の発見とその分布概要 [海洋研究開発機構]

独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 平朝彦、以下「JAMSTEC」という。)海底資源研究プロジェクトの鈴木勝彦主任研究員らと、東京大学(総長 濱田純一)大学院工学系研究科附属エネルギー・資源フロンティアセンターの加藤泰浩教授(JAMSTEC海底資源研究プロジェクト招聘上席研究員)らは、深海調査研究船「かいれい」により本年1月に実施した研究航海において、南鳥島周辺の水深5,600m~5,800mの海底から採取された堆積物のコア試料の化学分析を行い、海底表層付近におけるレアアース濃度の鉛直分布を調べました。

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130321/