被災時の医療継続を可能にする、愛知メディカルBCPネットワークが運用開始 [富士通]

当社は、名古屋医療圏の中核6病院と共同で、愛知県内地域診療情報連携により、被災時の診療を継続するための診療情報バックアップシステムを構築しました。参加病院は、このたび、愛知メディカルBCPネットワークとして本格運用を開始しました。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2013/05/13-1.html