放射線環境下における建設作業の自動化を実現 [鹿島]

鹿島(社長:中村満義)は、東京電力福島第一原子力発電所の解体工事で発生する解体がれきの搬送について、汎用重機を用いて障害物や走行ルートを自律的に認識、判断しながら自動で搬送するシステムを日本で初めて開発し、実作業に適用しました。

http://www.kajima.co.jp/news/press/201306/24c1-j.htm