都内での感染性胃腸炎の流行警報 [東京都]

感染性胃腸炎の都内の患者報告数が、流行警報基準※を超えました。

大きな流行となった昨年同時期との比較では、報告数は少なめですが、例年、この時期は感染性胃腸炎の発生が最も多くなる時期であり、今後の流行拡大に注意が必要です。

一人ひとりが手洗い等を徹底し、感染予防に努めましょう。高齢者や乳幼児の施設においては十分な感染防止対策をとりましょう。

 

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/12/20nc5700.htm