ISOが生活支援ロボットに国際安全規格を発行 [NEDO]

国際標準化機構(ISO)の生活支援ロボットの安全性に関する国際標準化規格ISO13482※1が、2014年2月1日付けで正式に発行されました。

NEDOは、生活支援ロボット実用化プロジェクト※2の中で、世界初となる生活支援ロボットの安全性を確保するための国際標準化の提案を行い、プロジェクトで得られたデータ等をISOに提供するなど規格化に大きく貢献。ISO13482の発行により、日本のロボット技術の優れた安全性が国際的に認められたことになり、今後、この規格の認証を受けたロボットの普及が進むことを期待します。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100247.html