ウェアラブル端末を採用した放射線量表示監視システムの共同開発を開始 [NTTデータ]

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下NTTデータ)と株式会社日本環境調査研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:赤堀 勉、以下日環研)は、過酷な放射線環境下の作業者に「安心・安全」を提供するシステムである「RadiBorg(ラディボーグ)」の共同開発を2014年3月1日から行います。本システムは、ウェアラブル端末を採用することにより、原子力発電所およびその関連施設に従事する作業者に作業場所の線量当量率注1と個人被ばく線量注2をリアルタイムに表示させることができ、作業者が自らの判断で個人被ばく線量の限度値超過を抑止することができます。今後、両社は2014年3月末までに試作品を完成させ、2014年7月から本格的な販売を行う予定です。

http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2014/030600.html