地域の危険箇所改善モデル事業を実施 [東京都]

近年、子供が犯罪被害に遭う事件が多発しています。東京都は、こうした犯罪から子供を守るため、地域の大人による取組を促す「地域の危険箇所改善モデル事業」を実施します。
町会や自治会等が地域の危険箇所を点検し、例えば、通学路のパトロール強化、道路や公園の清掃活動などに取り組みます。
東京都は、今年度、板橋区、府中市と共催し、このモデルを全都的に普及啓発し、子供が安全・安心に生活できる環境づくりを進めます。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/09/20o9i200.htm