長期の乾燥による葉の黄化防止に関わる遺伝子を発見 [理化学研究所]

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター機能開発研究グループの篠崎一雄グループディレクターと、東京大学大学院農学生命科学研究科の篠崎和子教授、国際農林水産業研究センターの中島一雄プロジェクトリーダーらの共同研究グループ※は、長期の乾燥による植物の葉の黄化を制御する遺伝子を発見しました。

http://www.riken.jp/pr/press/2015/20151127_1/