X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)のクリティカル運用期間の終了について [JAXA]

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)について、冷却システムの立上げ、軟X線分光検出器(SXS :Soft X-ray Spectrometer)の試験動作、伸展式光学ベンチ(EOB :Extensible Optical Bench)の伸展など、重要なシーケンスが正常に実施されたことを確認しました。これによりクリティカル運用期間(※1)を終了します。

http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160229_hitomi_j.html