月刊セキュリティ研究5月号 (no.210)発行

security1605小誌210号の永田町の風倶楽部は「国家セキュリティ「次の日本研究」」と題し、元・熊本県議会議員で国土政策研究家の下田耕士さんに、都市計画法・第7条方針の復活による都市(市街化区域や用途地域)に隣接する農地の一部を都市部に編入することで、より安全性が高く強い経済成長をを伴う国づくりが可能になるという、大変良いお話を伺いました。時代の証言者たちのコーナー22人目の将軍は「病弱な少年が施設科で重機や物資を動かした」と題し、防大2期で元・陸上自衛隊第13師団長などを歴任された江口博保さんへのインタビューです。また、ASIS日本支部のコーナーでは、元消防庁長官で自治体衛星通信機構 理事長 久保信保さんの「東日本大震災と日本の消防」と題した寄稿を掲載。

 

小誌は全国の有名書店にて発売!!バックナンバーの閲覧は図書館で!!
バックナンバーについてはセキュリティ研究事務局WEBで確認できます