FOSTER-copilotが熊本地震での迅速な医療搬送に活用、ドクヘリの位置・気象情報を一元管理 [ウェザーニューズ]

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、熊本地震発生直後、ドクターヘリ(以下ドクヘリ)および災害派遣医療チーム(以下DMAT)の医療搬送活動において、日本初の機内持ち込み型ヘリコプター動態管理システム『FOSTER-copilot(フォスターコーパイ)』と運航可否判断支援ツール『FOSTER-GA(フォスタージーエー)』が活用されたことを発表しました。

http://weathernews.com/ja/nc/press/2016/160526_2.html