平成23年度救助技術の高度化等検討会報告書」の公表 [総務省消防庁]

総務省消防庁

発生の切迫性が指摘されている東海地震、東南海・南海地震、首都直下地震等においては、倒壊/座屈建物での救助事案が多数発生する危険性が予測されます。

そこで、平成23年度救助技術の高度化等検討会では、過去の事故事例、高度救助資機材等の検証結果、英国救助体制の調査結果、国内で作成された消防本部の活動要領等を参考に、倒壊/座屈建物での救助活動(運用)をテーマに検討しました。

この度、同検討会において報告書が取りまとめられましたので、公表いたします。

[`evernote` not found]
Facebook にシェア