小規模社会福祉施設向けの自衛消防訓練の電子学習教材の公開について [東京消防庁]

東京消防庁はこの度、夜間の勤務体制が少人数となる小規模社会福祉施設(グループホーム等)向けに、「いつでも・どこでも・1人でも」をコンセプトに、火災発生時に最低限行わなければならない自衛消防活動を学べる学習教材を作成し、ホームページに公開しました。
この学習教材は、消防法令で年2回義務付けられている消火・避難訓練のうちの1回として扱うことができます。
公開に合わせて、本学習教材を活用した訓練を実施します。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/290607.pdf

[`evernote` not found]
Facebook にシェア