世界初、大気圧下での電極触媒の挙動観測方法を開発 [NEDO]

NEDO事業において、大学共同利用機関法人自然科学研究機構分子科学研究所は、硬X線による大気圧下での光電子分光測定方法の開発に、世界で初めて成功しました。

今回開発した測定方法を活用することで、燃料電池性能を大きく左右する電極触媒について、実際に電池が作動する大気圧下での挙動観測が可能となります。今後、電極触媒の反応や劣化メカニズムの高精度な観測がなされ、その知見を触媒開発にフィードバックすることで、燃料電池の高機能化を大きく推進し、燃料電池自動車(FCV)の本格普及に向けた課題解決や家庭用燃料電池(エネファーム)のさらなる導入拡大に貢献していきます。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100788.html