AI(人工知能)を活用する超高層建物向けアクティブ制振技術を開発 [NTTファシリティーズ]

株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:一法師 淳 以下、NTTファシリティーズ)は、超高層建物の長周期地震動*1対策として、業界初となる振動制御にAIを活用する新しいアクティブ制振技術*2(以下、本技術)を開発しました。
 本技術は、強化学習とディープラーニングを組み合せた深層強化学習*3により最適な振動制御を学習したAIが、地震の揺れに応じて建物内部のダンパー*4を電動アクチュエーター*5で制御するものであり、大型模型試験体を用いた振動実験により、従来技術のパッシブ制振*6に比べ建物の揺れを50%以上低減できることを確認しました。

http://www.ntt-f.co.jp/news/2017/170830.html