沈み込んだ海山が引き起こした予期せぬ火山活動 [海洋研究開発機構]

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦)地球内部物質循環研究分野の西澤達治研究生(東京工業大学大学院理工学研究科 博士後期課程)、中村仁美研究員(東京工業大学 理学院 特別研究員)、岩森光分野長(東京工業大学 理学院 特定教授)らと国立大学法人東京工業大学(学長 三島 良直)は、ロシア科学アカデミー、産業総合研究所、千葉工業大学、東京大学と共同で、カムチャッカ島北東部の海岸沿いの地域を調査し、採取した溶岩試料の分析等を行った結果、太平洋プレートと共に沈み込んだ天皇海山列延長部分の熱的、化学的影響により、通常では火山活動が起こりえない海溝に近い場所で、多様かつ特殊な組成を示す火山活動が起こったことを明らかにしました。
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170914_2/