テロ災害対策に新たな救急資器材『四肢用ターニケット』を導入!! [東京消防庁]

世界の主要国で爆破テロが頻発しており、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、爆破テロへの対策が求められています。
爆発を原因とする防ぎ得た外傷死の特徴として、四肢離断等による出血多量があげられることから、東京消防庁では爆破テロ等により発生した傷病者の創傷処置資器材として、出血の早期コントロールを可能とする止血帯である『ターニケット』を導入します。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/29111402.pdf