積雪時の雪下ろしの判断に役立つ 「雪おろシグナル」 (積雪重量分布情報)が 新潟県で活用開始へ [防災科学技術研究所]

国立研究開発法人 防災科学技術研究所(理事長:林春男)は、国立大学法人新潟大学(学長:髙橋姿)および国立大学法人京都大学(総長:山極壽一)と共同で積雪荷重計算システムを開発しました。このシステムを用いて推定される積雪重量分布情報を「雪おろシグナル」と命名し、平成 30 年 1 月 9 日午後 1 時より、新潟県の協力を得て活用を開始します。

http://www.bosai.go.jp/press/2017/pdf/20180109_01_press.pdf