災害現場で用いる陸上移動ロボットの性能評価基準策定に向けた試験を実施 [NEDO]

NEDOは、三菱重工業(株)とともに、トンネル災害やプラント災害で活用が期待できる遠隔操縦型陸上移動ロボットの性能評価基準策定に向けた試験を実施しました。

本試験では、トンネル災害やプラント災害が発生した現場を想定し、水溜りや障害物、暗闇、ガス発生源などの特殊環境を模擬的に再現し、陸上移動ロボットの走行距離や時間、搭載された各種センサの収集情報などの性能評価の試験方法の妥当性を検証しました。さらに、災害発生時と日常的な点検時の双方に適用可能なロボットの走破性能を評価する試験方法の検証も合わせて実施しました。

NEDOは、本試験で取得できたデータや今後の取り組みを通じて、トンネルやプラントなどで災害が発生した際に、人が危険な現場に立ち入ることなく状況を把握するための陸上移動ロボットの性能評価基準の策定に貢献します。

http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100913.html