IoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識を調査、その報告書を公開 [IPA]

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は、IoT製品の脆弱性の届出件数の増加を受け、IoT製品・サービスの開発者に対してセキュリティ対策と意識の現状を調査し、その結果を報告書として公開しました。また、その結果を踏まえ、経営者・管理者向けに、企業が実施すべきIoTの脆弱性対策のポイントを「IoT製品・サービス脆弱性対応ガイド」として公開しました。なお、調査報告書、および対応ガイドは“情報システム等の脆弱性情報の取り扱いに関する研究会”の2017年の活動として行ったものです。

https://www.ipa.go.jp/about/press/20180322.html