世界初、ドローンと有人ヘリの機体間で位置情報共有のための通信実験を実施 [情報通信研究機構]

NEDO、スカパーJSAT(株)、NICTは、3月2日に愛知県愛西市の木曽川河川域とその上空で、ドローンと有人ヘリコプターの間でそれぞれの位置や高度、進行方向、識別番号などの情報を1秒ごとに相互に共有する機体間通信実験を世界で初めて実施しました。
本実験では、NICTが開発したドローン位置情報共有システム「ドローンマッパー」を用いて920MHz帯で通信を行い、ドローンと有人ヘリコプターが同一空域を飛行中に相互の情報を共有し、運航管理者が相互の位置などを把握できることが確認できました。
今後、本実験で得られた知見を無人航空機搭載用無線機器の設計と高高度無人航空機への搭載方法、および運航管理システム機能に反映し、災害現場や地上通信網が未整備な地帯においてもドローンの安全な目視外飛行を可能とする運航管理システムの実現を目指します。

http://www.nict.go.jp/press/2018/03/20-1.html