光と電子の逆時空間での接触・反発の観測に成功 [科学技術振興機構]

光は鏡によって反射されます。これは、鏡の中の電子に光が接触し、反発するからと言えますが、光はあまりにも速く進むため、接触と反発を観測するには、特別な実験装置が必要になります。

光と電子の接触と反発を、私たちが普段目にするのとは逆の時間と空間(逆時空間)注)で容易に観測できる試料と方法を、大阪大学 大学院基礎工学研究科の馬場 基彰 招へい教員(科学技術振興機構 さきがけ研究者兼務)は、米国 ライス大学の河野 淳一郎 教授とウェイルー・ガオ 氏らと共に見いだしました。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20180501/index.html