高分子太陽電池、人工知能で性能予測 [科学技術振興機構]

JST 戦略的創造研究推進事業において、大阪大学 大学院工学研究科 佐伯 昭紀 准教授と長澤 慎司 氏(当時、博士前期課程2年)は、次世代太陽電池として期待されている高分子太陽電池注1)の高分子材料設計において、人工知能(AI)アルゴリズムの1つであるランダムフォレスト(RF)注2)を用いて性能予測・選別する手法を新たに開発しました(図1)。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20180508/index.html