有機太陽電池の界面構造を解明 [理化学研究所]

理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発機能高分子研究チームの但馬敬介チームリーダーらと科技ハブ産連本部バトンゾーン研究推進プログラム理研-JEOL連携センター[1]ナノ結晶解析連携ユニットの西山裕介ユニットリーダーらの共同研究チーム※は、有機太陽電池[2]中の半導体分子の混合状態における界面構造を、分子設計によって制御できることを見いだし、固体核磁気共鳴(NMR)法[3]によって分子レベルでの界面構造を明らかにしました。

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180426_1/