超高感度3次元マイクロ流体SERSセンサーを開発 [理化学研究所]

理化学研究所(理研)光量子工学研究センター先端レーザー加工研究チームの杉岡幸次チームリーダーらの研究チーム※は、異なるフェムト秒レーザー[1]加工技術を融合することにより、ごく微量の有害物質をリアルタイムで検出できる「3次元マイクロ流体表面増強ラマン散乱(SERS)[2]センサー」を開発しました。

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180501_1/