脱落検知式送信機 HCT-D116 [竹中エンジニアリング]

ひもが引っ張られて外れると、小力電波を送信し100m以内の受信機にお知らせ

特長

●単純明快な「見える紐センサー」で、介助者の誤作動に対する悩み負担を軽減します。
●スタッフやご家族の方用の入切.スイッチ付きです。
●「紐」の先端に収納ボックスが付いています。
送信機と収納ボックスを両端に固定し、紐を張ることで準備完了です。
紐が引っ張られ、ジャックとプラグが脱落すると小電力電波を送信します。
●「紐」は、長短調節可能です。余った紐は収納ボックスに収納します。
収納ボックス付きひも(最長2.0m)/クリップ付きひも(最長0.5m)
●3つの付属品を使い分け、様々な用途に使用できます。
 (マジックテ-プ、カラビナ、クリップ付き紐)
〈運用例〉
①高齢者施設のカーテン扉にクリップを挟み、
カーテンが開いたときまたは、閉めたときにお知らせ(クリップ)
②玄関や通路、非常階段、外開きドアや扉のない部屋の出入検知に(紐)
③ベッドのフレームに取り付け、ベッドから離床する時にお知らせ(紐)
④ズボンをクリップではさみ、車椅子などから立ち上がられた事をお知らせ(クリップ)

https://www.takex-eng.co.jp/ja/products/item/8737/