多言語で施設情報や災害時案内を配信するクラウド型サイネージサービスを販売開始 [富士ゼロックス]

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、多言語注1表示に対応し、サイネージ画面と音声を同期して施設情報などを配信できる、また、読みやすさや配色などユニバーサルデザイン対応の災害時用コンテンツを含む、クラウド型デジタルサイネージサービス「SkyDesk Media Message(スカイデスク メディアメッセージ)」を、本日から販売します。

https://www.fujixerox.co.jp/company/news/release/2018/58802