空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』を活用した 「未来のオフィス空間」づくりをスタート [オカムラ]

株式会社オカムラ、ソフトバンク株式会社、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、三井物産株式会社、ライオン株式会社は、このたび、ダイキン工業が2018年2月に発表した協創プラットフォーム『CRESNECT(クレスネクト)』の第1弾プロジェクトとして、「未来のオフィス空間」づくりを目指した取り組みを共同で企画・実証していくことで合意しました。
今年度中に、各社が保有する最新テクノロジーやデータ、ノウハウを融合しAI(人工知能)やIoTを駆使することで、生産性や創造性が高まり、快適で健康に働けるオフィスを実際に体感できるワークスペースの開設を目指します。

http://www.okamura.co.jp/company/topics/other/2018/cresnect.php