「浸水・水害に備えるセンサネットワークシステム」の有効性を確認 [日立国際電気]

一般社団法人建設電気技術協会では、i-Construction推進コンソーシアム 技術開発・導入WGで公募された「洪水時の浸水エリアや水害規模を把握、配信する技術」(以下、「本技術」という。)に株式会社日立国際電気、株式会社拓和と共同で応募し、選定されました。
本技術を実現するため、浸水・水害に備えるセンサネットワークシステム(以下、「本システム」という。)を用いて、9月18日~11月9日の間、中国地方整備局太田川河川事務所管内の太田川水系古川の現場にて実証実験を行いました。

http://www.hitachi-kokusai.co.jp/news/2018/news181109.html