2019年度セキュリティ動向予測を公開: vaporworms、世界的なインターネット攻撃、不正AIチャットボット [ウォッチガード]

企業向け統合型セキュリティプラットフォームのグローバルリーダであるWatchGuard(R)Technologiesの日本法人、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長 谷口 忠彦、以下ウォッチガード)は、2019年における情報セキュリティ業界の動向予測を発表しました。予測では、脆弱なシステムを介して自己増殖するワームのような性質を持つ新種のファイルレスマルウェア「vaporworms」の台頭、並びにインターネット上のコンテンツ自体を削除する攻撃、そして公共機関や産業制御システムを標的としたランサムウェアなどを挙げています。これらの予測は、ウォッチガードの脅威ラボ調査チームが過去の主なセキュリティおよび脅威トレンドの分析を元に作成しています。

 
https://www.watchguard.co.jp/press-release/2019_predictions.html