東京国立博物館で映像IoTシステム「AISION®」を活用した来場者管理の自動化に向けた実証実験を実施 [OKI]

OKIは、独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館(館長:銭谷 眞美、所在地:東京都台東区、以下 東京国立博物館)において、映像IoTシステム「AISION®(アイシオン)」の画像センシング機能を活用した来場者管理の自動化に向けた実証実験を開始しました。本実証実験では、2018年10月2日から開催されている特別展の会場を対象に来場者数や年代別・性別データの収集を行っており、リアルタイムに来場状況や客層分布を把握することで、混雑緩和や販促活動への活用など来場者管理への有効性を検証します。

https://www.oki.com/jp/press/2018/11/z18054.html?pid=WTN