救急ビッグデータを用いた救急自動車最適運用システムの有効性を確認 [NTTデータ]

消防庁 消防大学校 消防研究センター(所在地:東京都調布市、所長:長尾 一郎、以下消防研究センター)、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下NTT)、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下NTTデータ)は、2018年2月から約3年間で救急ビッグデータを用いた救急自動車最適運用システムの共同研究を実施しています。

近年、救急車の現場到着時間・病院収容時間が延伸していることを踏まえ、この時間短縮を目的に、救急搬送情報、およびG空間情報やモバイル空間統計注1等のビッグデータと、消防研究センターおよび消防機関における運用ノウハウ、NTTグループのビッグデータ分析・学習・価値化技術を活用した救急車の最適運用システムの開発をめざし研究を進めており、シミュレーションを通して有効性を確認しました。今冬以降に実証実験を予定しています。

http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2018/112600.html