「トッパンIoT建材」シリーズの新製品として、ディスプレイ機能を持つ壁材を開発、 住空間での家族間のコミュニケーションを活性化 [凸版印刷]

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、1956年より建装材印刷事業を開始し、60 年以上に渡って意匠性や機能性、環境適性に優れた建装材を提供しています。また、建装材に各種センサーなど IoT 機器を組み合わせることで、居住者の見守りなどの社会課題解決に貢献するまったく新しい建装材を提供する「トッパン IoT 建材 TM」事業を展開しています。このたび凸版印刷は、「トッパン IoT 建材」シリーズの新製品として、ディスプレイと化粧シートを組み合わわせ、住空間において家族や地域の情報を受信・表示できる壁材「インフォウォール TM」を開発。2019 年夏より、不動産事業者や住宅メーカー、商業施設などに向けて販売を開始します。

https://www.toppan.co.jp/news/2018/12/newsrelease181212_1_.html