画像認識技術を活用した溶融スラグ監視システムを実用化 [三井E&Sエンジニアリング]

株式会社三井E&Sエンジニアリング(代表取締役社長 新牧 拓也)および株式会社アダコテック(所在地:東京都品川区、代表取締役:池田 満広)は、機械学習を用いた画像認識技術を活用して、都市ごみ清掃工場から発生するスラグ流れ変化を数値化するシステムを実用化しました。本システムの導入により、プラント運転員の負荷低減・省力化への貢献につながり、また運転員の教育ツールなどへの展開も期待できます。

https://www.mes.co.jp/press/2019/0204_001165.html