世界初、90GHz帯を用いて時速240kmで走行する列車と地上間で 毎秒1.5ギガビットのデータ伝送に成功 [日立国際電気]

株式会社日立国際電気(代表取締役 社長執行役員 佐久間 嘉一郎/以下、日立国際電気)と公益財団法人鉄道総合技術研究所(理事長 熊谷 則道/以下、鉄道総研)、国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長 徳田 英幸/以下、NICT)は、時速約240kmで走行する列車と地上間にて、ミリ波(90GHz帯)無線通信システムを用いて、現行の高速鉄道で利用されている対列車通信システムの750倍となる毎秒1.5ギガビットのデータ伝送実験(以下、本実験)に世界で初めて*成功いたしました。地上無線局をファイバ無線(RoF: Radio over Fiber)でネットワーク接続した点が特徴です。

http://www.hitachi-kokusai.co.jp/news/2019/news190129.html