成田空港の新しい搭乗手続き「OneID」にNECの顔認証システムが採用決定 [日本電気]

成田国際空港株式会社(以下、成田空港)は、新しい搭乗手続き「OneID」にNECの顔認証システムの採用を決定し、今後詳細を検討の上、2020年春から運用をスタートします。

この新しい手続きにより、成田空港のお客様は、空港におけるチェックインなどの最初の手続き時に顔写真を登録すると、その後の手続き(手荷物預け、保安検査、搭乗ゲート)において、従来必要であった搭乗券やパスポートを提示することなく、”顔パス”で通過できるようになります。保安検査場では、従来搭乗券確認を行っていた入口をウォークスルーで通過した後、保安検査に進むことができるようになるとともに、搭乗ゲートでもウォークスルーで通過できるようになります。
成田空港のお客様は搭乗までの煩わしい手続きが軽減され、スムーズにご搭乗できるとともに、手続きにおける待ち時間の短縮が期待されます。

https://jpn.nec.com/press/201902/20190228_01.html