イスラエルのVDOO(ヴイドゥー)社と提携し、サイバー攻撃からIoT機器を保護する脆弱性対策ソリューションを4月から提供 [大日本印刷]

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、IoT機器のファームウエア(システム制御用のソフトウェア)のセキュリティ対策で豊富な実績を持つイスラエルのVDOO(ヴイドゥー)社と販売提携をしました。DNPは、VDOO社のソリューションを活用し、開発段階でIoT機器のファームウェアを分析し、その機器に特化した脆弱性を視覚化、また製品リリース後の機器へのサイバー攻撃のモニタリングや保護までを一貫して行う「IoT機器の脆弱性対策ソリューション」を4月から提供します。また、IoT機器間のネットワーク通信をサイバー攻撃から保護する通信制御サービスも組み合わせて提供することで、IoT機器と通信ネットワークへのセキュリティリスクを低減します。

https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191184_1587.html