ゼロデイマルウェア攻撃の検知に要する時間を数ヵ月から数分に短縮 [ウォッチガード]

企業向け統合型セキュリティプラットフォームのグローバルリーダであるWatchGuard(R)Technologiesの日本法人、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長 谷口 忠彦、以下ウォッチガード)は、脅威情報のクラウド共有基盤ThreatSyncのアップデート版並びにTDR(Threat Detection and Response:相関分析/優先順位付け/レスポンス)の最新リリースを発表しました。

https://www.watchguard.co.jp/press-release/20190807.html