オープンな環境でより安全に認証できる生体情報の暗号化技術を開発 [富士通研究所]

株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、従来の生体認証システムと同等の認証精度・処理速度で、生体情報を暗号化したまま認証できる技術を開発しました。

これまでも生体情報を暗号化したまま認証する技術は開発されてきましたが、照合精度や処理速度に課題がありました。今回、手のひら静脈認証を対象に、暗号化を適用する際に起こる照合精度の劣化を防ぎ、かつ、照合処理を高速化する技術を開発しました。

https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/08/2.html