様々なパターンを遠くまで明瞭に表示できる小型照明装置を開発 [大日本印刷]

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、様々なパターンを遠方まで明瞭に表示できる小型の照明装置を開発しました。
不特定多数の利用者が集まる公共施設では、地震や火災などの災害が発生した場合に、利用者を適切に誘導するため、矢印など状況に応じたパターンを明瞭に表示する必要があります。また、工場内での注意の喚起、建築物へのライティングやデザイン照明等の用途でも同様の表示を行いたいというニーズがあります。こうした需要に対して、今回DNPは、表示する光の方向を制御する微細加工技術を活用して、高精細なパターンを表示する小型照明装置を開発しました。

https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192724_1587.html