次世代ハイブリッドITを実現するハイブリッドクラウド プラットフォームを提供 [ヴイエムウェア]

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、従来型/最新アプリケーションに対する顧客の独自ニーズに応えるために、クラウド サービスの新規/拡張機能を発表しました。VMwareは、IT運用担当者、開発者、デスクトップ管理者、セキュリティ担当者がデータセンタ、パブリック クラウド、エッジ インフラの全体にわたり、一貫したインフラでワークロードを開発、実行、管理できるようにします。顧客はVMwareのハイブリッドクラウド プラットフォームの利用により、クラウドの計画、展開、コスト管理、継続的な運用を簡素化させながら、クラウド、データセンタ、エッジまでの全体を対象にアプリケーションの移行、最新化、運用を行えるようになります。

https://www.vmware.com/jp/company/news/releases/2019/vmw-cloud-jp-082719.html